スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)| | はてなブックマーク - スポンサーサイト

2011/12/18(Sun)

4chan発の多言語対応ビジュアルノベル『かたわ少女』、いよいよ完成 

4年以上に渡って開発が続けられている、Four Leaf Studiosによる多言語対応ビジュアルノベルプロジェクト『かたわ少女』。

このブログでも何度かご紹介しましたが、この度ついに完成版のリリース日が決定したようです。

[ 2011/12/18 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(44)| | はてなブックマーク - 4chan発の多言語対応ビジュアルノベル『かたわ少女』、いよいよ完成

2011/11/23(Wed)

海外展開も視野?鳥専恋愛シミュレーション『はーとふる彼氏』、英訳される。 

史上初(?)の「鳥専恋愛シミュレーション」という触れ込みで話題となった、PigeoNation Inc.による同人ゲーム『はーとふる彼氏』。先日完全版が完成し、ドラマCDの発売も決定するなど、その勢いは止まらない感じですが…
なんと、(体験版部分の)英訳までもが完成。パッチとして公開されました。

20111123-1.jpg

「ナゼ訳」というタイトルが全てを物語っているかのような英訳版のページ。
これだけだと、ネット上であれだけ話題になったのだから、海外の誰かが(勝手に)訳したようにも見えてしまうのですが…
[ 2011/11/23 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(14)| | はてなブックマーク - 海外展開も視野?鳥専恋愛シミュレーション『はーとふる彼氏』、英訳される。

2011/08/11(Thu)

今年の夏コミ(C80)2日目に、『かたわ少女』や『Re Angel』などの海外発ビジュアルノベルが揃い踏み 

いよいよ明日、8月12日から開催される2011年夏のコミックマーケット。

その2日目(13日)の同人ゲームのジャンルでは、このブログでも過去にとりあげたことのある、海外発の(オリジナルの)ビジュアルノベルを扱うサークルの出展がいくつか予定されています。
そこでこの記事では、それらのサークルと頒布物の概要を紹介してみようと思います。
[ 2011/08/11 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(31)| | はてなブックマーク - 今年の夏コミ(C80)2日目に、『かたわ少女』や『Re Angel』などの海外発ビジュアルノベルが揃い踏み

2011/01/06(Thu)

ルセッティアは「12月だけで」10万本を売り上げた? 

先日、日本で製作された同人ゲーム『ルセッティア』ローカライズ版の売上が10万本を突破したことが発表されました。この件は、いくつかの日本の(ゲーム系)大手サイトでも報じられたのですが、何故か「12月だけで」という修飾語が付け加えられています。

日本の同人ソフト『ルセッティア』がSteamで10万本以上を販売(GameBusiness.jp)
日本の同人ソフト『ルセッティア』がSteamで10万本以上を販売(Game*Spark)
※同じ企業が運営しているらしい。

昨年10月からSteamで英語ローカライズ版がダウンロード販売されていた日本の同人ソフト 『ルセッティア』(Recettear: An Item Shop's Tale)が、12月だけで10万本以上のセールスを記録したことが分かりました。


同人ゲーム『ルセッティア』英語版が1ヶ月で売り上げ10万本(テンプルナイツ 宮殿騎士団)

同人サークル【EasyGameStation】が2007年冬コミで頒布した同人ゲーム『ルセッティア アイテム屋さんのはじめ方』が海外で2010年12月の1ヶ月だけで10万本も売り上げていたことが分かった。



しかし、この件を報じた英語のニュースサイトを見直してみても、「12月だけで」というような記述は見当たりません。

Earnings Call: Recettear’s Follow-Up Revealed(Rock, Paper, Shotgun)

Joyous tidings from Carpe Fulgur, translators/Western distributors of the ever-lovely indie shopkeeping game Recettear: they’ve only gone and sold 100,000 copies of the bally thing, without promotion or publisher and solely via digital distribution on PC.


Carpe Fulghur Talks Sales Reality As Promos Lead Recettear Over 100,000 Units(Gamasutra)

Quirky doujin import title Recettear has sold more than 100,000 units, says its localizer and publisher, Carpe Fulghur.


元ソースとなるパブリッシャーのブログには一応、12月という単語はあるのですが…

100,000 Copies Sold and What That Means(Der Dräkblög)

With the happy new year comes the bombshell we’ve been sitting on for a little while now: Recettear has sold 100,000+ copies. (In fact, we crossed that line during December.)

訳すとすれば、

新年のビッグニュース!今まで少しの間伏せていましたが、ルセッティアの売上が10万本を超えました。(実際のところは、12月の間にその(10万本の)ラインを突破していたのです。)※(記事が書かれたのは2011/1/2、太字部分は筆者。)

といった意味にしかならないような…実際、この記事が12月だけで10万本売れた事を前提に書かれているものとして読むと、その後の文章の内容(セールのタイミングやプロモーションの難しさと、発売からこれまでの利益について)とつじつまが合わないように思えます。

ルセッティアについては過去に記事にした手前、気になってまとめてみたのですが、日本でだけ情報が独り歩きしつつあるのかもしれません…
[ 2011/01/06 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(1)| | はてなブックマーク - ルセッティアは「12月だけで」10万本を売り上げた?

2010/11/27(Sat)

結局今のところ、「東方Project」の海外版は出そうにないらしい。 

世界のゲーム事情を主に扱う情報サイト、Siliconeraにて、Rockin' Androidへのインタビューが掲載されています。

このRockin' Androidというのは、日本の同人ゲームのローカライズ(翻訳)を行い、世界で販売するパブリッシャーで、既にいくつかの作品(同人のシューテュング)をPC及びPSN(PS3)向けに販売しています。

そういった実績を踏まえてか、昨年、彼らが今や同人シューテュングの代名詞と言える「東方」の海外展開を始めるのでは?といった報道が、以下のような形で、日本でも大きく取り上げられました。

日本の同人ゲームを海外へ! Rockin' Android、東方Projectやコンソールへの移植も計画中 - Game*Spark

…しかし、この時点の話は「計画中」というよりもむしろ「彼らが(作品のファンなので)是非やりたいと思っている」程度の話だったようで、つい先日掲載された今回のインタビューでの東方シリーズの移植に関する質問に対しては、以下のような言及にとどまっています。

東方シリーズとABA Gamesの作品についてどう考えていますか?

What are your thoughts about the Tohou series and ABA Games?


我々はZUN氏の大ファンであり、 彼と打ち合わせも行ったこともあります。ただ、アメリカでのリリースについて公にできることは何もありません。一つ心に留めて頂きたいことは、多くの同人サークル(の開発者)達は、企業の規則による制限を受けずに行う創作活動と作品の頒布を本当に楽しんでいるということです。ですのでZUNさんの場合、東方のゲームは日本向けのみなのです。少なくとも今のところ。我々は彼の立場を完全に理解しておりますので、彼がイエスと言うまでは諦めないつもりです。彼は本当に素晴らしい人で、打ち合わせの際に『東方紅魔郷』にサインを頂いたことを光栄に思っています。
※太字部分は筆者。

We are big fans and we’ve had meetings with Zun san, but nothing official on a U.S. release. One thing to keep in mind is that many doujin developers really enjoy creating and sharing there games without the restrictions of company protocols, so in Zun sans case, Tohou games are Japan only, at least for now. We completely understand his position and we’ll continue to bug him until he says yes. He’s truly is a nice man and I was honored when he signed a copy of Scarlet Devil for me on at one of our meetings.


「計画」どころか、交渉が進んでいるようにも見えませんね…
これはもう単に、ZUN氏が(良い人だから)断り切れていないだけのように見えてしまうのですが…
[ 2010/11/27 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(2)| | はてなブックマーク - 結局今のところ、「東方Project」の海外版は出そうにないらしい。

2010/11/03(Wed)

初音ミクの同人ソフトが、DLSiteEnglishでランキング入りしていた件。 

かなりミクロな話なのですが…
miku3.jpg

DLSiteEnglishの作品ページを見ると、サークル、Supplement Timeが2008年に制作した初音ミクがヒロインの一般向け同人ソフト、「未来のキミと、すべての歌に」(英語版サイトでのタイトル表記:To You of the Future - I give you every song...)が、2010/10/13付けWeekly Rankingで7位を記録したとあります。

ちなみに同サイトは、英語圏のユーザー向けに18禁同人ソフトを販売している(おそらく)唯一のサイトということで、ランキングを見る限りでは、(いかにも海外ユーザ受けしそうな、)リアル系のアダルト作品が人気のようです。
そんな中、2008年4月に発売(=サイトに登録)された初音ミクの一般向けソフトが、今になって突然売れ始めた訳で…これは、イギリスのMetro紙による報道が発端の、世界的なビックウェーブがついに同人ソフトにまで…と、思う人がいるかも知れません。

しかし、Metro紙による報道は10/21付けであり、ランキングの集計期間(2010/10/13付けWeekly Ranking)からして、それ以前から売れていたと言うことが解ります。
また、(同じく初音ミクを題材にしている)同サークルの他の作品は、ランキング入りしていないどころか、この記事の公開時点で、それぞれ一本ずつしか売れていません。

という訳で、ランクインの理由はおそらく、PROJECT ZOOM909なるサイトが2010/10/6に公開した、同ソフトの英訳パッチであると考えるのが自然でしょう。

…ちなみに、肝心の売上なのですが、「週間ランキングで7位」と言っても、そもそもの絶対数が少ない中での話のようで、パッチ公開から現在までの売上の累計が計上されている筈のMonthly Rankingランキングでは「10本」という数字になっています。

miku5.jpg

これをもって、「英訳パッチは多少なりとも売上に貢献する」と見るべきか、「低価格(630円)・DL販売・天使のミクさんという3つの要素がそろってやっと、二桁行くか行かないかのレベル」と見るべきか…肝心の、パッチ自体がどの程度ダウンロードされたのが分からないのが残念ですが、なかなか興味深い事例と言えると思います。
(大衆紙での報道が、直接同人ソフトの売上増には繋がらないという点は…当たり前かもしれませんが。)
[ 2010/11/03 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(0)| | はてなブックマーク - 初音ミクの同人ソフトが、DLSiteEnglishでランキング入りしていた件。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。