スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)| | はてなブックマーク - スポンサーサイト


2008/11/09(Sun)

アキバBlog英語版のオリジナル記事についての一考察 

Maid Cafe in LA


2月のオープン時に、当ブログの記事でも取り上げた、アキバBlog英語版(http://en.akibablog.net/)。内容はただひたすら、日本語版記事の英訳を掲載…と思ったら、9月頃から英語版オリジナル(英語版にのみ掲載されており、日本語版には存在しない)記事が配信されています。

1つは、"WeeklyAkibaWords"なるコーナー。その名の通り、1週間に1つづつ、「アキバっぽい」用語を英語で解説してゆく内容。
ちなみに記念すべき第1回の内容は"Moe"(萌え)。最近では、"Nekomimi "(ネコミミ)や、"Meganekko" (メガネ娘) …アキバならではというよりは、オタク界隈で使われる言葉を取り上げているようです。

もう1つは、ロサンゼルスにあるメイドカフェの取材記事"Maid Cafe in LA"。
こちらは、英語版Blogの運営に関わっていると言われるHimeya Soft, Inc.がロサンゼルスにあることから考えても、独自の取材記事と思われます。

ちなみに、上記の2つのコーナー(英語版のオリジナル記事)は、9月よりコメント欄が一般開放されています。
日本語版と比較すると、英語版は企業が運営主体(?)のせいか休日は更新が行われず、翻訳作業も挟むため、記事の配信までにはかなりのタイムラグができてしまうのですが…独自仕様でカバーといったところでしょうか。

(一方、【コラム・ネタ・お知らせetc】のタイトルで始まる記事=企業の広告記事?は、日本語版にしか掲載されていない模様…当たり前?)
[ 2008/11/09 ] その他ニュース | TB(0) | COMMENTs(0)| | はてなブックマーク - アキバBlog英語版のオリジナル記事についての一考察



コメントの投稿(Leave a Response)





If you want to post a comment in English, please copy this character [@@@@@@@@@@] into your comment to avoid being filtered as spam.
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hevoluson.blog87.fc2.com/tb.php/61-6797fb52







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。