スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)| | はてなブックマーク - スポンサーサイト


2011/05/08(Sun)

まどかマギカが語り尽くされても誰も書きそうにないので、アメコミ版沙耶の唄の長文レビューを訳してみた。 

世間は『魔法少女まどか☆マギカ』の考察ブームで、その勢いは脚本を担当した虚淵玄氏の他の作品にも及ぶ勢いです。

…が、1年以上も前に当ブログでも紹介した氏の代表作とも呼べる作品『沙耶の唄』のアメコミ版(Song of Saya)については、インパクトのあるイラストは注目されたものの、振り返られないどころか、無事?完結したにも関わらず、レビューすら少ない状況のようです。

Song of Saya
(一応、画像のリンク先のAmazon(日本)でも現在、全話収録のペーパーバックが予約可能のようです…)

そこで今回は、海外の掲示板に掲載された本作のレビューをご紹介。ビジュアルノベル版との比較はもちろん、メディアミックス版とはどうあるべきかなども説いた力作となります。

内容に某魔法少女は含まれてはいませんが、気になっている方も居るとは思いますし、こんな機会でもないと忘れられたままとなりそうなので…少々長いですが、お付き合い頂ければ幸いです。

※以下、原作とアメコミ版のネタバレとなります。なお、アメコミ版未読の方向けに注釈を加えてありますが、不明点等ありましたら指摘下さい。
原文はこちら:WaruiReview: Song of Saya

Intro: Well, now that I've read the entire series, it's time to take a step back and look at it as a whole rather than individual volumes.

はじめに:(沙耶の唄のアメコミ版)"Song of Saya"の全巻を読み終えたので、このシリーズの全体について振り返ってみたいと思う。

Was it a good series? Obviously no. Did it have potential? Sadly, very yes.

良いシリーズだったか?答えは、明らかにノーだ。よい作品となるポテンシャルはあったか?答えは、残念ながらイエスだ。

Hell, some of the elements would've actually been able to improve on the story, but the fact that the writers decided to write their own story rather than trust in the source material ended up being a huge detriment.

ストーリーを盛り上げることが出来そうな要素はいくつもあったのだが、著者が原作を重視せずに自分の物語を書いてしまったというのが実際のところだ。

So this last review is going to be some basic ideas on things that worked and things that could've been improved.

※この文章を書いた人はこれまでにも各巻のレビューを行っており、今回訳したものはそれらの総括となります。(以降、沙耶については、オリジナルのビジュアルノベル版:沙耶、アメコミ版:Sayaと表記します。他の登場人物はそのままです。)

Saya, herself(Sayaについて)

When I first started this review, you may recall that I was please that Saya was aged a bit older than the original, mostly due to the creepy sex scenes from the game. However, after reading the series and getting over my initial reactions, I am almost ready to retract that statement. Don't get me wrong, I still believe that pedophilia is a terrible, terrible thing. However, aging Saya has an unexpected consequence on the character, and that is changing her personality.

以前のレビューで俺は、ゲーム中のおぞましいHシーンの印象が強かったせいか、アメコミ版のSayaはオリジナルのそれよりも少しばかり年上に描かれていて好ましいと書いた。が、シリーズ全てを読み終えた俺は、その見解を撤回しようとしていた。勘違いしないでほしいのだが、俺はロリペド趣味は最低最悪のものだという信条を改めた訳ではない。ただ、大人びた沙耶というのは、キャラ的に想定外といった感じで、人格まで変わってしまっていたのだ。

The original Saya was, in a word, a living contradiction. Ignoring the fact that the Japanese culture naturally has a fetish for the young and innocent (not a joke), Saya's childlike mannerisms in the story helped blur the lines of her normally gruesome actions. Even when she's eating Fuminori's classmate, her surprise at Fuminori's sudden entrance gives her an air of innocence. The world sees her as a dangerous being, and for all intents and purposes, she is. But when seen through her young perspective, she's merely unworldly, and it's a trait that not only makes her appealing to Fuminori, but also helps the reader sympathize with her.

オリジナルの沙耶は、いわば、生を受けた矛盾のような存在で、日本文化が(冗談抜きで)ごく自然に、幼くて無垢な存在を嗜好するという点に目をつむっても、物語における沙耶の子供のように無垢な振る舞いは、本来ならおぞましいものでしかない彼女の行動を、曖昧なものにするという役目を果たしていたのだ。
彼女が郁紀のクラスメイトを「食べて」いたときでさえ、郁紀の突然の登場を驚く様子には無垢な雰囲気があったのだ。世界は彼女の行動や目的、存在自体を危険ものと見做していた。しかし彼女の幼い視点を通して視ると、彼女は単に世界を知らないだけで、それは彼女を郁紀にとって魅力的に見せるだけでなく、読み手にもシンパシーを感じさせるものとなっていた。


Compare this to the comic. Saya is not only older, but has the mental mindset of someone who is older. She knows how people can be evil (even if she is fooled quite easily), and she knows she is something of a disturbance. In short, she is self-aware that she is a problem to those around her. This makes it a lot harder to believe that Josh should have any reason to love her, especially when he gets mad at her lying to him following the discovery of Ojai's diary. As it makes it harder for Josh to have a believable bond with Saya, so too it makes it harder for the reader to have a bond with her as well.

コミック版のSayaは対照的で、見かけが大人びただけでなく、精神面も大人びたものとなってしまっている。彼女は人々がどのようにして悪に染まるのかを知っているし、(簡単にだまされてしまうとしても)彼女は自身が人々の存在を脅かすものだということも知っていたのだ。端的に言えば、彼女は自身が周囲にとっての災いの種であるということを認識していた訳だ。
これにより、Josh(アメコミ版での郁紀にあたる人物)が彼女を愛するようになるという展開に無理が生じてしまうのだ。特に、JoshがOjai(ビジュアルノベル版での奥涯教授にあたる人物)の日記を発見した際にSayaが嘘をついて後を付けていた事に、彼が怒った時。この事はJoshがSayaとの信頼関係を築くのを難しくするだけでなく、読者の目にも彼女が信頼できないものとして映ってしまうのだ。

The Supporting Cast(その他の登場人物について)

Saya no Uta was especially well-rounded in the character department, with pretty much every character serving an important role. Even the mother and daughter next door had a purpose, if only to serve as a commentary of the disintegrating family values. Another thing that made it especially strong was that no character was clearly good or clearly bad. A sign of good writing is when the author is able to get the individual to mentally "participate" and form his/her own judgments on events in the story. This is done extremely well in the original. We could sympathize with Fuminori for his insanity, Saya for her status as an outcast, Kouji as the conflicted friend, and Ryouko for her skeletons in the closet. This is what makes the bad ending especially excellent, since we see all of these conflicting personalities playing against each other.

ビジュアルノベル版は特に脇役に恵まれており、ほぼすべての登場人物が重要な役割を担っている。隣の家の母娘ですら、掛け替えのない家庭の崩壊を象徴するものとなっている。登場人物の存在を際だたせているのは、明らかに善あるいは悪という人物が居ないということだ。良い創作というのは、著者が登場人物自身に物語の出来事を判断させることを可能としたものなのだ。
ビジュアルノベル版は、この点が非常に良くできている。俺たちは郁紀の狂気や、沙耶の異質さや、分かり合えなかった友としての耕司や、クローゼットで骨となった涼子にも共感を覚えることができたのだ。これこそが、本作のバッドエンドが特に優れている理由である。俺たちは全ての登場人物のぶつかり合う感情を見届けることができるのだ。


The comics, however, fail miserably in this category. At times, you could sympathize with Josh, but he never gave off the image of someone who was tormented. Marcus suffered too, whereas Kouji tried to excuse his friend until near the very end, Marcus basically went along with whoever had the remote in their hand. And don't get me started on Carly, because while Yoh was also the helpless victim, she at least didn't break character. Carly appears as a strong woman, but drastically changes character in Vol. 3. Even the doctors, who were characterized from the get-go as villains, offer little in terms of growth or development, and offer no justification for what they're doing, even acknowledging that it's wrong. They might as well have said "We're doing it for the lulz."

しかしながら、この点においてコミック版は、無残なまでに失敗している。時にはJoshに同情を覚えるかもしれないが、彼は決して苦悩している人間の持つオーラを発していないのだ。Marcus(ビジュアルノベル版での耕司にあたる人物)も苦しんでいるが、耕司は最後の直前まで友人を許そうとしていたのとは対照的に、Marcusは基本的に長いものに巻かれるだけのような存在となってしまっていた。
そして、Carly(ビジュアルノベル版での瑤にあたる人物)について話すのは勘弁させてほしい。瑤は救いのない犠牲者だったかもしれないが、キャラクターは保たれていた。Carlyは強い女性として描かれているのだが、最終巻でキャラクターが豹変してしまうのだ(※最終巻で彼女は、囚われた沙耶を助けるためJoshに協力するが、Joshが正常に世界を認識できなくなっていると知るや、彼の元を去ってしまう)。医師たちに至っては、最初から悪役として描かれており、ほとんど何の変化も、行動を正当化することもなく、間違っていることを認識しているのかさえ定かではないくらいだ。彼等については「それはひょっとしてギャグでやっているのかー」と言いたくなるレベルである。


This isn't to say the comics were completely off the mark though. Josh's pre-accident story was an excellent addition to the storyline, and was one of the few things that were actually better than the original. The same goes for Dr. Ojai's backstory, which seemed a bit more convincing in terms of his willingness to take Saya under his wing. I'm not saying every character needed a backstory though (that would've bloated up the story too much), just a reason to exist and get the reader's attention.

とはいえ、アメコミ版の内容が完全に的外れだと言う訳ではない。(ビジュアルノベル版には無い)Joshの交通事故前のストーリーは、素晴らしい追加要素で、オリジナルよりも優れている数少ない点と言える。Dr. Ojaiのバックストーリーも同様だ。彼が沙耶を保護しようとした理由に、より説得力を持たせている様に感じられる。全てのキャラクターにバックストーリーが必要だとは言わないが(話が収拾つかなくなってしまうし)、読者の注意を引くためだけだったりするので。

Trusting the Source(原作を信頼すること)

To be completely fair, being accurate to something isn't always necessarily better. For example, the Star Wars: The Clone Wars series (the animated Genndy "DEXTER'S SECRET" Tartakovsky one, not the current one that's shit) uses characters from the universally scorned Episodes I-III, but manages to be incredibly entertaining.  The Japanese Spider-Man may be corny, but it follows the basic concept of a superhero with spider powers fighting evil. If you REALLY want to stretch, the Twilight movies are slightly better than the books if only because you don't have to suffer through bad grammar and more time spent on romance rather than the actual plot. However, there are times when you should diverge, and times when following the source does you good.

客観的に考えると、(原作に)忠実であろうとすることは必ずしも良い結果を招くとは限らない。例えばスターウォーズ:クローン大戦シリーズ(ゲンディ・タルタコフスキー監督のアニメ版、現在放映中のスター・ウォーズ/クローン・ウォーズとかいうのではなく)は、幅広く叩かれているエピソードI~IIIのキャラクターの話なのに、信じられないくらい面白い。
日本の(東映版)スパイダーマンはおそらくまがい物だろうが、蜘蛛の力で悪と戦うスーパーヒーローというコンセプトは、外していない。話の拡大解釈を好む人なら、映画版トワイライトが原作小説よりも優れていると言うこともできるだろう。ゴミのような脚本と本筋よりも恋愛話に時間を割いている点がが気にならない人ならば。しかしながら、これらは脱線が良い結果を招いた話である。話を元に戻し、原作に忠実であることが良いことだという点について語ることとしよう。


First and foremost, by keeping Saya limited to a single entity who is merely, as she describes herself, a dandelion seedling that fell in the desert, you limit her involvement. Some people know who she is, but for the most part, it's kept under wraps, and people just generally try to avoid her. The comics break that by having an entire thinktank devoted to cracking the mystery of Saya, starting with ancient mythology mumbo-jumbo and involving mind control and experimental brain surgery. Is any of this necessary? No. Does it contribute to the plot? No. It practically forces itself into the story for no reason whatsoever, and does little to improve the experience.

(原作では)まず、沙耶を唯一無二の存在として描いている。沙耶は彼女自身を砂漠に落ちたタンポポの種子であると表現しており、読者は彼女に深入りすることができない。一部の登場人物は彼女が何者かを知っているが、殆どの部分でそれは秘密にされているため、人々は大抵彼女を避けようとしている。
しかしアメコミ版ではSayaの謎を解き明かそうとする組織の存在がそれを台無しにしている。ちんぷんかんぷんな古代神話、マインドコントロール、脳手術実験…これらは必要なものだったのか?否。これらは物語に貢献したのか?否。それらはストーリーに無理やり押し込められたような全く意味の無いもので、内容を充実させる効果もほとんど無かった。


The story also needed to take more chances. No, having a rape scene doesn't count. Gone is the element that the protagonist finds human flesh delicious. Instead, Saya eats raw steaks and Josh is just forced to stomach his usual food. Gone is the protagonist developing a hatred for humans to the point of merely seeing them as food sources. Josh still feels a need to see human beings, and Saya stops him before he has a chance to go overboard when he starts his rampage.

原作のストーリーをもっと活かすべきだったのだ。いや、レイプシーンはノーカウントとして。(※アメコミ版では最終巻に取ってつけたような形で挿入されている。)
郁紀が人肉を美味しいと知る場面は、Sayaが生肉を食べ、Joshはただ無理やり普通の食物を口にするだけとなってしまった。郁紀が人間への憎悪を燃やし、ついにはただの食料と見做すようになる描写も、Joshは人間として見たいと思い続け、狂気の果てに一線を超えてしまいそうになった時も、Sayaがそれを食い止めてしまった。


In short, creative liberties are all fine and good, but not when they change vital elements of the story.

一言で言えば、創造の自由というのは大変素晴らしい理念ではあるが、物語の肝心の部分を変えてしまっては元も子もないという事だ。

Final Thoughts:(総評)

For all intents and purposes, Song of Saya isn't the worst remake of something that I've liked, but it had a lot of wasted potential. There were a lot of good points that could've been built on, but for every good point, there were at least twice as many bad points to hamper it.

このアメコミ版は、俺がこれまでに愛した作品の最悪のリメイクという訳ではないが、残念なまま終わった要素が多すぎた。もっと良くする事ができた箇所はいくつもあった。が、それら一つ一つにつき倍以上のダメな点があったという訳だ。



…ちなみに、日本語(日本人)によるレビューも無い訳ではなかったのですが、ニトロプラスダイレクトの商品紹介ページに、

ニトロプラスのサイコホラーアドベンチャー「沙耶の唄」がアメコミになった!

アメコミらしい“濃い”絵柄がなんとも言えない雰囲気を醸し出し、あなたを狂気の世界へと誘います。
簡単な英語で書かれているコミックなので、意訳しながらお楽しみ下さい。



とあるせいか、そして、話自体も大筋は外していないせいか、絵の印象プラス「アメコミだから仕方ない」的な結論で終わっているものが多かった印象です。

英文でも、これほど力の入ったレビューはほとんど見られなかったので、(それ自体が作品の出来を示している気もします…)これが一般的な反応とは言い切れないのですが、原作を知る人間が正面からアメコミ版を評価したら、こうなるのかなと思います。
(そういった意味では「イラストに圧倒されつつページを捲り、なんとなくわかった気分になる」という読み方も、正しい楽しみ方なのかもしれません。)

まぁかなり突拍子もないメディアミックスながらも、作品として破綻はしていなかったのですから、ニトロプラスには今後も挑戦を続けていただきたいものです。



沙耶の唄 Nitro The Best! Vol.2沙耶の唄 Nitro The Best! Vol.2
(2009/07/31)
Windows

商品詳細を見る
[ 2011/05/08 ] 美少女ゲーム(英語) | TB(0) | COMMENTs(7)| | はてなブックマーク - まどかマギカが語り尽くされても誰も書きそうにないので、アメコミ版沙耶の唄の長文レビューを訳してみた。



455 | うぇいとれすさん | 2011/05/08 01:12

乙です。
対訳形式はありがたいです。

「そのままだと理解出来ない(に違いない)から、別物の分かりやすい話にしてしまおう」
という相変わらずのアメリカン・クオリティですなw
向こうのヲタにも失礼な話だww

ただし、割れ厨は沙耶に捕食されればいいと思うよ。


456 | うぇいとれすさん | 2011/05/08 01:17

そもそも沙耶の唄じたい手塚治虫の火の鳥のオマージュだからなぁ


457 | うぇいとれすさん | 2011/05/08 01:51

丁寧なレビューだなあ、アメコミ版がどんなもんか
大体想像できてしまった。要は勧善懲悪的なアメリカナイズされて予定調和で葛藤や儚さがあまり感じられないということか。
>>日本文化が(冗談抜きで)ごく自然に、幼くて無垢な存在を嗜好する
良く分かってるなw


458 |   | 2011/05/08 02:25

東映版はまがい物じゃないんだけどね。


459 | 名無しさん | 2011/05/08 11:52

ダーマは同時期にやってた映画版より認められてるらしいがな


460 | うぇいとれすさん | 2011/05/08 12:06

>一言で言えば、創造の自由というのは大変素晴らしい理念ではあるが、物語の肝心の部分を変えてしまっては元も子もないという事だ。

漫画や小説原作のアニメ化にも同じことが言えるんだけどなぁ。



759管理人のみ閲覧できます | | 2012/02/15 10:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます


コメントの投稿(Leave a Response)





If you want to post a comment in English, please copy this character [@@@@@@@@@@] into your comment to avoid being filtered as spam.
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hevoluson.blog87.fc2.com/tb.php/152-35d081bf







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。