スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)| | はてなブックマーク - スポンサーサイト

2010/11/27(Sat)

結局今のところ、「東方Project」の海外版は出そうにないらしい。 

世界のゲーム事情を主に扱う情報サイト、Siliconeraにて、Rockin' Androidへのインタビューが掲載されています。

このRockin' Androidというのは、日本の同人ゲームのローカライズ(翻訳)を行い、世界で販売するパブリッシャーで、既にいくつかの作品(同人のシューテュング)をPC及びPSN(PS3)向けに販売しています。

そういった実績を踏まえてか、昨年、彼らが今や同人シューテュングの代名詞と言える「東方」の海外展開を始めるのでは?といった報道が、以下のような形で、日本でも大きく取り上げられました。

日本の同人ゲームを海外へ! Rockin' Android、東方Projectやコンソールへの移植も計画中 - Game*Spark

…しかし、この時点の話は「計画中」というよりもむしろ「彼らが(作品のファンなので)是非やりたいと思っている」程度の話だったようで、つい先日掲載された今回のインタビューでの東方シリーズの移植に関する質問に対しては、以下のような言及にとどまっています。

東方シリーズとABA Gamesの作品についてどう考えていますか?

What are your thoughts about the Tohou series and ABA Games?


我々はZUN氏の大ファンであり、 彼と打ち合わせも行ったこともあります。ただ、アメリカでのリリースについて公にできることは何もありません。一つ心に留めて頂きたいことは、多くの同人サークル(の開発者)達は、企業の規則による制限を受けずに行う創作活動と作品の頒布を本当に楽しんでいるということです。ですのでZUNさんの場合、東方のゲームは日本向けのみなのです。少なくとも今のところ。我々は彼の立場を完全に理解しておりますので、彼がイエスと言うまでは諦めないつもりです。彼は本当に素晴らしい人で、打ち合わせの際に『東方紅魔郷』にサインを頂いたことを光栄に思っています。
※太字部分は筆者。

We are big fans and we’ve had meetings with Zun san, but nothing official on a U.S. release. One thing to keep in mind is that many doujin developers really enjoy creating and sharing there games without the restrictions of company protocols, so in Zun sans case, Tohou games are Japan only, at least for now. We completely understand his position and we’ll continue to bug him until he says yes. He’s truly is a nice man and I was honored when he signed a copy of Scarlet Devil for me on at one of our meetings.


「計画」どころか、交渉が進んでいるようにも見えませんね…
これはもう単に、ZUN氏が(良い人だから)断り切れていないだけのように見えてしまうのですが…
スポンサーサイト
[ 2010/11/27 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(2)| | はてなブックマーク - 結局今のところ、「東方Project」の海外版は出そうにないらしい。

2010/11/25(Thu)

2010年末~20111年初の海外版美少女ゲーム発売予定情報 

パブリッシャーのサイト更新の様なちょっとしたニュースは、時々、Twitterにも投稿しているのですが、年末が近い事も有ってか(?)各社から直近のリリース予定に関する告知があったので、以下に整理してみました。

・Manga Gamer
 Da Capo Innocent Finale(Circus):2010/11
 Da Capo II(Circus):2010/12
 Koihime Musou ~A Heart-Throbbing, Maidenly Romance of the Three Kingdoms~(※『恋姫†無双』(BaseSon)):2011/1/31


他にもいくつか制作中の作品は有るようですが、現時点で具体的な発売情報が明らかになっているのは上記3作品。
1ヶ月に1本ペースのリリースとなりますが、同社にとっては7月の『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編』(18禁作品で言えば、4月の『キラ☆キラ カーテンコール』)以来の新作です。

また、注目の『ef』(minori)については、発売時期等具体的な情報はありませんでしたが、『ef - the first tale』と『ef - the latter tale』は、それぞれ別々に(時期を分けて)リリースするとの事。

なお、一旦は(日本語)音声無しでのリリースが確定している『恋姫†無双』については、同じ2011年1月に、アニメ版のDVD-BOX(1期全話+OVA)も北米で発売となります。(こちらは日本語音声と英字幕を収録)

・JAST USA
 Demonbane(※『斬魔大聖デモンベイン』(Nitro+)):20010/夏→未定(近日発売予定)

夏のイベント(ANIME EXPO)の時点で開発の遅れが明らかになっていた『Demonbane』ですが、ゲームエンジンの問題が未だに解決されないようです。
翻訳等は既に完了しているとはいえ、11月16日時点でNitro+側の対応待ちとのことですので、このまま年越しという事態もありえるかもしれません。

・Future Digi
 花與乙女的祝福(※『花と乙女に祝福を』(ensemble)):2010/12
 娘娘飯店(※『いただき!娘娘チャイナ』(TranceSoft)):2010/10→未定

『娘娘飯店』は発売予定を過ぎてからの唐突な延期となった様で、年内は『花與乙女的祝福』に注力ということでしょうか。


(情報元)
[ 2010/11/25 ] 美少女ゲーム | TB(0) | COMMENTs(0)| | はてなブックマーク - 2010年末~20111年初の海外版美少女ゲーム発売予定情報

2010/11/13(Sat)

アマゾンで販売されていた『小児愛ガイド』報道で、米メディアによる『レイプレイ』批判、再び。 

e124.jpg

11月10日、アメリカの大手メディアが、Amazon.comのKindle Storeで"The Pedophile's Guide to Love and Pleasure"なる電子書籍が販売されている件を一斉に報道、翌日、同社はこの本の取り扱いを停止しました。

"The Pedophile's Guide to Love and Pleasure: A Child-Lover's Code of Conduct" was pulled from Amazon.com, a spokesman confirmed Thursday, after thousands of users posted angry comments and threats to boycott the site.

スポークスマンは木曜日、何千ものユーザーによる怒りのコメントと不買運動の脅威に押される形で、"The Pedophile's Guide to Love and Pleasure: A Child-Lover's Code of Conduct"が、Amazon.comから削除されたことを確認した。CNN.comより。)

-------------------------------------------------------
あまり良い要約記事がないので、簡単に経緯をまとめますと――


米アマゾンのKindle Storeで"The Pedophile's Guide to Love and Pleasure,"なるタイトルの電子書籍(自費出版)が販売されており、(文章のみとはいえ)そのあんまりなタイトルと内容(※サイトに掲載された説明文)に怒りを覚えた全米の消費者が、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアで同社の不買運動を呼びかけるな事態となる。(一部、出版界などからは「表現の自由を尊重すべき」といった主張もあったようですが。)

この騒ぎをアメリカの大手メディアが一斉に報道したため、「大炎上」。
一旦は「検閲は良しとしない」というコメントを発表したアマゾンだが、批判の声に押される形で、この書籍の取扱を停止。


――といった感じです。

概要についてはある程度、日本メディアの(翻訳)記事にも書かれているようなのですが、だいぶ省略された内容となってしまっており、読んでみても「アメリカ国内での騒動」という印象を受ける方が殆どかと思われます。

しかし、FOX Newsに掲載された記事の後半部分には、こんな内容が書かれています。

This isn't the first time Amazon has sold material that promotes illegal activity. It is currently accepting pre-orders for the hardcover version of "I Am the Market: How to Smuggle Cocaine by the Ton, in Five Easy Lessons" by Luca Rastello.

Nor is it the first time Amazon has come under attack for selling objectionable content in its store. In 2002, the United States Justice Foundation, a conservative group, threatened to sue Amazon for selling "Understanding Loved Boys and Boylovers." That title is still available through Amazon.

In 2009, Amazon stopped selling "RapeLay," a first-person video game in which the protagonist stalks and then rapes a mother and her daughters, after it was widely condemned in the media and by various interest groups.

Amazonが違法行為を推奨する商品を販売するのはこれが最初ではない。ハードカバー版のLuca Rastello著、"I Am the Market: How to Smuggle Cocaine by the Ton, in Five Easy Lessons"は、現在も予約受付中だ。

また、同社が好ましくないコンテンツを販売することによって批判にさらされるのも、初めての事ではない。2002年、保守系グループのUnited States Justice Foundationが"Understanding Loved Boys and Boylovers."なる本の販売の件で、アマゾンに対して訴訟を起こしている。同タイトルは今もアマゾンで購入可能である。(※筆者注:これのこと?

2009年には、メディアや様々な利益団体からの幅広い非難を受け、主人公がある母娘をストーキングしてレイプするという内容の一人称視点のビデオゲーム、レイプレイの販売を停止している。


-------------------------------------------------------
記事の中で「アマゾンの黒歴史について」といった形で、『レイプレイ』について言及すること自体は、さほど不自然ではないかもしれませんが…同記事のページから閲覧可能な動画の中でのやりとりは、かなり酷い内容になっています。
(以下は聞き取りからの書き起こしですので、不正確な部分がありましたら、ご指摘頂ければ幸いです。)

(動画の2:07~2:25辺り。)
Did you know about a video game that would objective is to stalk women...

I think it's about rape and killing a mother and daughters.

Is that for sale still?

I believe that is for sale still.
And if it's not from Amazon, and it is for sale in other stores.

アナウンサー(男性):ビデオゲームについては御存知ですか、目的は女性をストーキングして…

コメンテーター(女性)※:母と娘をレイプして殺害するといった内容のものですよね。

アナウンサー(男性):それはまだ販売されているのでしょうか?

コメンテーター(女性):私はまだ売られていると信じております。アマゾンでは売られていないとしても他の店で売られているでしょう。

※女性は、元検事で家庭法(民法)の弁護士とのこと。


-------------------------------------------------------
記事に書かれている「販売停止」の文言が、コメンテーターの一言で見事にかき消されてしまっている感じです。(あと、このゲーム(説明を見る限り、)「殺害」は出来ないようなのですが…)

…ここで紹介したのは極端な報道なのかもしれませんが、「自費出版の電子書籍(の文章)が非難の対象となった上、過去の事件について、不正確な報道が繰り返されてしまっている」という点について考えると、この件(の行末)は日本の表現者にとっても、対岸の火事とは言えないかもしれません。
[ 2010/11/13 ] その他ニュース | TB(0) | COMMENTs(4)| | はてなブックマーク - アマゾンで販売されていた『小児愛ガイド』報道で、米メディアによる『レイプレイ』批判、再び。

2010/11/03(Wed)

初音ミクの同人ソフトが、DLSiteEnglishでランキング入りしていた件。 

かなりミクロな話なのですが…
miku3.jpg

DLSiteEnglishの作品ページを見ると、サークル、Supplement Timeが2008年に制作した初音ミクがヒロインの一般向け同人ソフト、「未来のキミと、すべての歌に」(英語版サイトでのタイトル表記:To You of the Future - I give you every song...)が、2010/10/13付けWeekly Rankingで7位を記録したとあります。

ちなみに同サイトは、英語圏のユーザー向けに18禁同人ソフトを販売している(おそらく)唯一のサイトということで、ランキングを見る限りでは、(いかにも海外ユーザ受けしそうな、)リアル系のアダルト作品が人気のようです。
そんな中、2008年4月に発売(=サイトに登録)された初音ミクの一般向けソフトが、今になって突然売れ始めた訳で…これは、イギリスのMetro紙による報道が発端の、世界的なビックウェーブがついに同人ソフトにまで…と、思う人がいるかも知れません。

しかし、Metro紙による報道は10/21付けであり、ランキングの集計期間(2010/10/13付けWeekly Ranking)からして、それ以前から売れていたと言うことが解ります。
また、(同じく初音ミクを題材にしている)同サークルの他の作品は、ランキング入りしていないどころか、この記事の公開時点で、それぞれ一本ずつしか売れていません。

という訳で、ランクインの理由はおそらく、PROJECT ZOOM909なるサイトが2010/10/6に公開した、同ソフトの英訳パッチであると考えるのが自然でしょう。

…ちなみに、肝心の売上なのですが、「週間ランキングで7位」と言っても、そもそもの絶対数が少ない中での話のようで、パッチ公開から現在までの売上の累計が計上されている筈のMonthly Rankingランキングでは「10本」という数字になっています。

miku5.jpg

これをもって、「英訳パッチは多少なりとも売上に貢献する」と見るべきか、「低価格(630円)・DL販売・天使のミクさんという3つの要素がそろってやっと、二桁行くか行かないかのレベル」と見るべきか…肝心の、パッチ自体がどの程度ダウンロードされたのが分からないのが残念ですが、なかなか興味深い事例と言えると思います。
(大衆紙での報道が、直接同人ソフトの売上増には繋がらないという点は…当たり前かもしれませんが。)
[ 2010/11/03 ] 同人ゲーム/Indie game | TB(0) | COMMENTs(0)| | はてなブックマーク - 初音ミクの同人ソフトが、DLSiteEnglishでランキング入りしていた件。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。