スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)| | はてなブックマーク - スポンサーサイト

2010/02/09(Tue)

JAST USAの新作とローカリゼーション・ノートについての一考察 

アメリカの美少女ゲームパブリッシャーJAST USAのブランドG-Collectionsより、Cat Girl Alliance(日本語タイトル名『仔猫同盟』)のリリースがアナウンスされました。

まずパッケージ版がリリースされ、ダウンロード版は後日というのは(パッケージにトラブルのあった)Moero Downhill Nightと逆の形となっただけだと考えられますが、今回のリリースでは新たに注目すべき点があります。
それは、(詳細な)Localization Notes。発売の約1ヶ月前から公開されており、グラフィック、イベント、テキストの3項目について、オリジナル(日本語版)からの変更点が明記されています。

今回のCat Girl Allianceでは、テキストについて「オリジナルの文脈を損なわず、より適切な表現に変更した部分がある」といった内容が述べられているくらいで、特定のCGやシーンが削除されているような事は無いようです。
この記事のスタッフが書いたコメントを見ると、

We plan to make similar posts for every game we release, regardless of content.


とありますので、今後リリースされるタイトルについても、こういった情報が事前に公開されることになりそうです。

以前このブログでもとりあげましたが、MangaGamerも、オリジナル版に収録されていたCGの削除についての事前アナウンス(最終的に削除はとりやめ)を行っています。

もし、オリジナルの作品から大幅な変更を加えざるを得ない場合、事前に告知すべきか、それとも後で釈明すべきか…パブリッシャー側にとっては大変難しい問題だと思いますが、ユーザー側は確実に前者を望むでしょう。そういった意味で、このローカリゼーション・ノート(と、スタッフのコメント)は、JAST USAの今後の方針を明確に示したものと言えるのではないでしょうか。
スポンサーサイト
[ 2010/02/09 ] 美少女ゲーム(英語) | TB(0) | COMMENTs(2)| | はてなブックマーク - JAST USAの新作とローカリゼーション・ノートについての一考察





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。